♪2001年 モーツァルトコンサート後記♪ 2001年11月10日(土)於秦野神奈中グランドホテル

今年も、酒造りの始まりと共に「モーツァルトを聴いてモーツァルトを飲もう」モーツァルトコンサートを行いました。

例年通りN響ヴァイオリニスト公門俊之先生の監修のもと、今年もすばらしいソリストの方々をお招きすることができ、おかげさまで100名を超すお客様でうめつくされた会場は熱気に包まれ、大成功となりました。

プログラム前半は、平野秀清氏によるチェロ独奏で温かく始まり、公門先生の繊細なモーツァルトのソナタへと続きました。

後半は、若さはじけるソプラノ松岡万希さんの情熱的なオペラアリアから、多才なピアニストで評判の斎藤雅広氏によるエネルギッシュなピアノ独奏と、息もつかせぬ充実したプログラムでした。

最後には、お客様を交えての「明日があるさ」の大合唱、そして、金井酒造のはっぴ姿の斎藤雅広氏によるショパンのノクターンのプレゼントまであり、会場がひとつになってとても和んだ雰囲気でコンサートが終了しました。

 

今年の趣向としては、各テーブルの上に冷酒デキャンタと燗酒の入ったお銚子を並べ色々な飲み方で楽しんでいただき、又、今話題の樽酒をワゴンサービスでふるまいました。

特にお客様からは、大吟醸と樽酒について高い評判をいただきました。

来年は、このモーツァルトコンサートもはや10回目を迎えます。

今まではとはまたさらに趣向を変え、より多くの皆様に楽しんでいただけるような会にしたいと思っております。

 

 

 

 

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

モーツァルトコンサート写真

 

1.平野秀清氏によるチェロ独奏。

2.公門俊之先生のヴァイオリン独奏。

3.ソプラノ松岡万希さん独唱。

4.ピアニスト斎藤雅広氏独奏。

5.会場のお客様と出演者による合唱。

6.ピアニスト斎藤雅広氏は、金井酒造のはっぴを着てのトークサービス。

7.ピアニスト斎藤雅広氏によるアンコール。

8.コンサート終了後、パーティーで出演者と懇談。

9.樽酒が好評でした。

演奏曲目:

◆チェロ独奏 平野秀清

・無言歌(メンデルスゾーン)

・愛の挨拶(エルガー)

 

◆ヴァイオリン独奏 公門俊之

・ヴァイオリンソナタNo.6 K301(モーツァルト)

 

◆ソプラノ独唱 松岡万希

・オペラ「ノルマ」より 清らかな女神(ベッリーニ)

・からたちの花 (山田耕作)

・ラ・ダンツァ−踊り(ロッシーニ)

 

◆ピアノ独奏 斎藤雅広

・こうもり序曲ファンタジー(ヨハンシュトラウス)

・火祭の踊り(ファリャ)

(2001年11月 M記)

PAGE TOP

HOME